ブログ
BLOG

おすすめ草花vol.10 ”ヒメイワダレソウ”207/7/21

梅雨も明け、本格的な夏を迎えました。
太陽の輝きと調和するような、夏の鮮やかな色の花からは、元気をもらいます。

この時期は雑草が伸び、虫も増えるので、お庭には悩みの多い季節でもありますね。
今回は雑草除けにもなり、害虫も寄り付かない、可愛く丈夫な”ヒメイワダレソウ”をご紹介します。

ヒメイワダレソウは常緑の多年草で、「リッピア」という別名でも親しまれている植物です。
日当たりさえ良ければ、どんな土地でも元気に育ち、草丈は15センチ程度。
地面を這うように茎が伸び、繁殖力旺盛で、他の雑草などを生えにくくします。
害虫のえさにはならない植物なので、お庭に広がることで、害虫の発生を防ぐことにもなります。

根もしっかりしているので土石流出防止、さらには砂漠緑化などに注目されている植物です。
耐寒性があり、踏んでも丈夫なので、グランドカバーとして、大変おすすめです。
花の時期は6~9月と長く、可憐な花を花の絨毯のように咲かせる様子は、夏の青空に映え
お庭に柔らかで優しい印象を与えてくれます。

本来は常緑性ですが、寒さで地上部が枯れたようになった時には、一度刈込などのお手入れをしておくと見栄え良く冬越しできます。
それでも根は生きているので、春にはまた芽吹き、緑の絨毯となり、花の時期を迎えます。

花言葉は、夏の猛暑の中でも、花を次々に咲かせることから「誠実」。
ヒメイワダレソウ
ヒメイワダレソウ

アガパンサスの花2017/7/6

この時期、あれこんなところに花があったっけ?と気づかされる、アガパンサス。

開花期以外はどちらかというと地味な草ですが、梅雨時になると花芽を長く伸ばし、花火のように薄紫色の花を咲かせます。

昔から見る花なので、日本由来のお花かと思いますが、原産地は南アフリカ。
原種は10-20種類もあるそうです。


南アフリカ原産だけに、日当たりの良い場所を好みます。
花が終わったら、花芽の根本から切り取って、栄養が種に回ってしまうのを防ぎましょう。
アガパンサスの花
アガパンサスの花

7月のガーデニングおすすめ草花 VOL.92017/7/1

梅雨も真夏日も苦手な草花が多く、庭の管理も難しい時期になりますが、
これからの季節でもよく開花して、頼りになる育てやすい草花といえば、『ペンタス』です。

星形の小さな可愛い花がたくさん咲いている姿は見ごたえがあり、
色は赤やピンク、白、紫、青それぞれの色の濃淡色八重、複輪咲きのものなど豊富で、
いろいろ集めても楽しく、何色かを寄せ植えても不思議と品が良く素敵です。

どんな植物にも相性が良いので、本当におすすめの草花です。
お手入れは花が散る前に花の少し下の茎を切ると、枝分かれして、可愛い蕾が絶えずつきますし、花びらの始末も簡単です。
花がいったん咲き止んだ時は、しっかり切り戻すと、きれいな形で、また成長します。

秋まで長く良く花を咲かせるので、月2回程度液肥料などを与えると良いでしょう。
さし枝で簡単にふやす事も出来ますので、夏・冬を避けた時期に3~4節の長さに切ったものを、赤玉土にさして半日陰におき、
土が乾かないようにしておくと新芽や茎がのびてきて、1か月もすれば元気な苗に育ちます。

ペンタスの語源はギリシャ語の『5pente』花びらの数からきており、
英名の「Star cluster(星団)」は、星のような花のカタチと、半球形に咲く様子にちなんで呼ばれています。
花言葉も、星のような形をしていることから、流れ星を連想して「願い事」「希望がかなう」
もうすぐ七夕になりますが、まさにこの季節にぴったりのお花ですね。
ペンタス
ペンタス

6月のガーデニングおススメ草花 vol.8  カシワバアジサイ2017/6/14

雨の中咲くお花でイメージするのは、やはり紫陽花ですね
今回は美しい梅雨の花“カシワバアジサイ”をご紹介します。

”カシワバアジサイ”は
カシワの葉に似た切れ込みの入った大きな葉と、花塔のように立ち上がって咲く花が特徴的なアジサイです。
花びらの色は薄緑から白、咲き進むとピンク色や緑色に変化していきます。

花を楽しむ時期が長く、また花の咲かない秋でも大きな葉が深みのある赤色に紅葉するので、
1年中庭を明るくしてくれると人気があります。
この時期、庭先を多種多様の色とりどりの紫陽花で飾るのも素敵ですね。

カシワバアジサイは庭植えで育てるのがむいていますが、大きな鉢でも育てられます。
日本の紫陽花よりも日の当たるようなところでもよく育ちますので、半日くらいは日の当たる場所で育てるのがよいでしょう。

花期が長いので、剪定のタイミングに迷いますが、7月のまだ花のある時期に花より2節下を切り落とすと、
秋には新芽がでて翌年もたくさんの花が楽しめます。

花言葉は「清純な心・魅力ある人・元気な女性 」
カシワバアジサイ
カシワバアジサイ

兼六園に行ってきました!2017/5/31

兼六園に行って来ました。
日本三大庭園の一つ、有名な兼六園です。

後楽園、偕楽園ともに行ったことはありますが
デザインの思想及び技術、実際の出来栄えと素晴らしい維持管理において、兼六園が一歩抜きん出ているように思いました。

いわゆるレジャー施設、エンターテイメント施設としては後楽園、偕楽園ともに素晴らしいとは思います。
ただ、単純に景観としての美しさは兼六園が優れているように感じました。
池や流れの作り方などは現代の我々がみても唸らされる場面がいくつもありました。


プロとしては当時の施工技術や予算、敷地の環境などの事情が透けて見えてしまいます。
それらの諸条件をいかにメリットとして空間に活かすかというアイデアとそれを実現する技術、事業主、施主の情熱にいつも心打たれます。

当時の苦労も垣間見えましたが、そこを高次元でクリアし、
場所に込められた思いのようなものをさらに高次元で維持管理し、昇華している力量には感服させられます。

だからこそ現代においても名園として人々に評価され続けていると得心がいきますね。
兼六園
兼六園

工事・サービスの対象エリア

風知蒼は横浜・川崎をエリアを中心とし、城南エリアにおいて、お庭・外構のデザイン・施工を行っております。
建物を引き立て・使い勝手の良い外構デザインを適切な価格にてご提供しています。
工事・サービスの対象エリアは下記の通りです。
このエリア以外でも対応可能な場合もございますので、一度お問合せください。
庭/外構デザイン・工事対象エリア
神奈川県
横浜市(青葉区・港北区・都筑区・鶴見区・神奈川区・中区・保土ヶ谷区・緑区・南区・磯子区・金沢区・戸塚区・泉区・旭区・栄区・港南区・瀬谷区・西区)
川崎市(宮前区・麻生区・多摩区・高津区・中原区・幸区・川崎区)
鎌倉市・藤沢市・逗子市・横須賀市・大和市・綾瀬市など
東京都
世田谷区・大田区・目黒区など