ブログ
BLOG

グランドカバーに人気なクローバー2018/7/3

最近ではカラフルな葉色が楽しい”クローバー”が園芸店に並ぶようになりました。
”クローバー”は常緑多年草で育てやすく、グランドカバーや寄せ植えに、
色々な表情を作ってくれるので、何種類かあると重宝します。
春には可愛いおなじみの花も咲き、それ以外の時期も
カラフルな葉色がカラーリーフとして個性を生かした名脇役となります。
シックな葉色のクローバーをミックスさせるのも素敵ですし、
クローバー独特の風に揺れるナチュラルガーデンの雰囲気が
庭に素朴な優しさを与えてくれます。

西日には弱いですが耐寒性も強く、冬でも葉がしっかりしていますので
お庭や駐車場の魅せるグランドカバーとして、雑草防止にもなり大変おすすめです。

クローバー花言葉「幸運」「約束」


夏の日差しにも強い“ペチュニア”2018/06/29

梅雨の時期、雨は植物にとても大切ですが
高温多湿による蒸れは、植物にとって弱る原因になります。

この時期、出来るだけ根元の風通しをよくしてあげる事が、梅雨を乗り切る対策と
なります。

初夏から秋にかけて咲く、“ペチュニア"は
国内でも品種改良がとても盛んで、雨や暑さに強い品種もたくさん
作られており、夏のお庭の強い味方といえます。

丈夫さはもちろん、色や形なども魅力的で数が多く、迷い選ぶ時間も、楽しみのひとつですね。

開花時期が長い花の中でも、短期間で成長するので、きれいな花が、たくさん咲く様子を日々楽しみです。
切り戻しをしたりのお世話により、晩秋まで長く、綺麗に育てられるという園芸の醍醐味を十分味わえる、おすすめの植物です。
暑さに強く非常に丈夫ですが、西日は苦手で南、東側に置くか、西日があたらないように、影をつくってあげれば、元気に育ちます。
夏のお庭もペチュニアで彩ってみてはいかがでしょう。

ペチュニア花言葉「心の安らぎ」「あなたと一緒なら心が和らぐ」
※”サフィニア”と親しまれているものも、”ペチュニア”の一種です。

クールで無機質 モルタル金ゴテ仕上げ2018/06/25

モルタル金ゴテ仕上げ。外構デザインでは、鋳物の手すりなどと組み合わせて、クール、無機質、シンプル、モダンといったキーワードに該当する仕上げ方法です。
最近はレストラン・アパレル・ジュエリー店などの入り口部分でも、重厚な扉などと組み合わせて、流行っているように思います。

門柱・袖壁の場合は、通常ブロック積みで壁躯体を作成し、左官屋が金ゴテで仕上げます。直方体の辺の部分には、通常コーナー材を設置し、直線ラインが美しく仕上げるようにします。

このモルタル金ゴテ仕上げは、見た目はクールで男前なのですが、いくつか注意点があります。

1)コテの跡が残る
 濃いグレーの部分と薄いグレーの部分(色むら)がでます。これはモルタルのコテ仕上げの特性上、ほぼかならず残ります。

2)表面に薄いヒビが入る
 ブロック積みの壁にモルタルで化粧塗りをするので、モルタルの表面と内側で乾き方に差が付き、表面の方が乾きやすいので、薄いヒビ(クラック)が入る場合が多いです。これは通常深さ数ミリのヒビで、壁の強度などには影響はありません。

この2点はモルタル金ゴテ仕上げの際、お客様にはご了承頂いています。

モルタル金ゴテ仕上げの門柱
モルタル金ゴテ仕上げの門柱
モルタル金ゴテ仕上げの門柱。鋳物の表札(ぼかしてあるので見づらいですが・・)との相性はとても良いと思います。

刈り込みフェイジョア2018/06/18

植木に目隠し機能も兼ねさせる場合、通常は冬でも葉を落とさない常緑樹を採用します。

人気のある常緑樹には、シマトネリコ、オリーブ、ソヨゴ、常緑ヤマボウシ、キンモクセイなどがありますが、フェイジョアもその候補の一つです。

フェイジョアはやや銀色かかった丸い葉が特徴的で、背丈は大きくても3-5m程度です。エキゾチックな花を咲かせ、2本以上が近くに植わっていると、さわやかな酸味と甘みのある実を付けます。日当たりが悪いとやや徒長しがちですが、比較的扱いやすい樹種だと思います。

珍しく刈り込まれたフェイジョアを見かけましたので、写真を撮ってきました。
幹は結構太く、植え付けから20年くらいは経っているのでしょうか。
定期的に刈り込むことで、内部にも光が入り、樹木の健全性を保てているのだと思います。

それにしても周りの木を見ると、タイサンボク、梅、松、枝垂れ桜?などクラシックなラインナップですが、フェイジョアも割と以前から流通していたのですね。

丸く刈り込まれたフェイジョア
丸く刈り込まれたフェイジョア
丸く刈り込まれたフェイジョア(写真中央)

シェードガーデンにキボウシはいかが?2018/06/05

今回は、青葉が美しいこの時期に大変お奨めのギボウシ(ホスター)をご紹介します。
ギボウシは、種類が大変豊富で、世界中にコレクターがいる程、人気なカラーリーフです。

葉の色は、青みがかった緑、深い緑、輝くような黄金色と様々で、
斑入りのものは光を放っているような雰囲気があります。
この時期、特に瑞々しく美しいギボウシは庭に清涼感を与えてくれ、
シェードガーデンには欠かせない植物です。

冬には地上部が枯れてしまうタイプの宿根草で、春に可愛い葉っぱが出て来る時の喜びが味わえるのも、育てる楽しみのひとつです。

洋風と和風、ナチュラル風どちらお庭の雰囲気にもなじみ、半日陰から日陰でも元気に育ち
大変丈夫なので、場所を選ばず植えることができお奨めです。
キボウシ
キボウシ

工事・サービスの対象エリア

風知蒼は横浜・川崎・湘南エリアを中心とし、お庭・外構のデザイン・施工を行っております。
建物を引き立て・使い勝手の良い外構デザインを適切な価格にてご提供しています。
工事・サービスの対象エリアは下記の通りです。
このエリア以外でも対応可能な場合もございますので、一度お問合せください。
庭/外構デザイン・工事対象エリア
神奈川県
横浜市(青葉区・港北区・都筑区・鶴見区・神奈川区・中区・保土ヶ谷区・緑区・南区・磯子区・金沢区・戸塚区・泉区・旭区・栄区・港南区・瀬谷区・西区)
川崎市(宮前区・麻生区・多摩区・高津区・中原区・幸区・川崎区)
鎌倉市・藤沢市・逗子市・横須賀市・大和市・綾瀬市など
東京都
世田谷区・大田区・目黒区など