施工事例 GALLERY

NO.1073
ハードウッドの使い分け
ウリンとバツ材施工
川崎市高津区
高津区
今回のご依頼は新築のお庭。

今回プランの特徴は天然木ウリンとバツ材を用途により使い分けている点と、前面の公道(横)からと高層マンション(上)からの目隠しをクローズドせず実現。
芝も省管理型コウライシバ TM9仕様にし、庭全体をローメンテナンス仕様に。


ウリンとバツ
ウッド素材が好きだけど、全部高級ウッドではコストが膨らんでしまうため、お子さんが素足で歩く部分はささくれが少なめのウリン材を。壁の飾り板や門柱はささくれは出るが固く丈夫なセランガンバツ材を使用し、用途によりコストバランスを図りました。どちらも経年変化を楽しむために無塗装にしており、ウリンの方が色素含有率が多い分若干赤みを帯びておりますが、天然素材同士のため、違和感なく組み合わせ可能です。


目隠し
リビング前のウッドデッキに鳥居を2列に設置しそれぞれにシェードを導入。シェードを横と下の2方向に広げ固定できるようにし、必要に応じて目隠し方向を。夜はリビングの明かりが灯ってもシェードを下方向に固定すればカーテンをあけ広げにしても目線を気にせずおくつろぎいただけます。

道路境界ラインのど真ん中には大きな壁を設置しておりますが、R(アール)を付けてハードになりすぎず柔らかな印象をいれました。



省管理型コウライシバ TM9(ティーエムナイン)をお取り寄せ。維持管理費が少なく芝刈り回数も少なくて、芝の手入れが大変で諦めていた方におすすめ。


天然木のセランガンバツ門柱と白壁
ハードウッドの門柱と目隠し塀の飾り板。素材はセランガンバツ材。白と天然ウッドのコンビにこだわり。美しい天然木の色ムラを眺めていたいほど。
ウリンのウッドデッキとアウターシェード
リビングから続くハードウッドデッキ。素材はウリン。経年変化を楽しむ無塗装で。一番上の段はお子さんがベンチ代わりにちょこんとおすわりできます。
自然石の玄関アプローチ
玄関ポーチから道路へのアプローチは自転車を楽に運べるスロープに。
ウリンのハードウッドデッキとアウターシェード
利便性、実用性に富んだ2段階シェード。ウリンの鳥居を作り、YKKapの洋風すだれアウターシェードを2台設置。横方向と下方向どちらでもシェードを広げて留められる様に施工。熱帯夜は手前をデッキに留めて目隠しにも。
TM9とハードハードウッドデッキとアウターシェード
自然石の玄関アプローチ
イエローの自然石乱形貼りの玄関アプローチで明るい門構えに。自転車を玄関ポーチに入れるため無理のないスロープに施工。
YKKのアウターシェード
アウターシェードを2基とも横方向に固定した場合。
YKKのアウターシェード
YKKのアウターシェード
アウターシェード1基を下方向に固定した場合。昼間は日よけに、夜は目隠しに。使用しない時は本体のボックスにスプリングで簡単巻き上げ。シェードの本体ボックスはどこにあるの?ウッドで幕板を施工しボックスを目立たなくしております。
YKKのアウターシェードとデッキ
シェードの固定。カラビナに引っ掛けるだけの簡単固定
駐車場のアクシアトラッド600角とTM9(芝)
来客の為の駐車スペースは土間では寂しい。。こうすれば、お庭の延長にも。
施工事例一覧へ

他の施工事例

ご不明な点や、ご相談等ございましたら、お気軽にこちらのお問い合わせフォームよりご連絡ください。
お電話でのお問い合わせ(045-712-9606)も受け付けております。

工事・サービスの対象エリア

風知蒼は横浜・川崎をエリアを中心とし、城南エリアにおいて、お庭・外構のデザイン・施工を行っております。
建物を引き立て・使い勝手の良い外構デザインを適切な価格にてご提供しています。
工事・サービスの対象エリアは下記の通りです。
このエリア以外でも対応可能な場合もございますので、一度お問合せください。
庭/外構デザイン・工事対象エリア
神奈川県
横浜市(青葉区・港北区・都筑区・鶴見区・神奈川区・中区・保土ヶ谷区・緑区・南区・磯子区・金沢区・戸塚区・泉区・旭区・栄区・港南区・瀬谷区・西区)
川崎市(宮前区・麻生区・多摩区・高津区・中原区・幸区・川崎区)
鎌倉市・藤沢市・逗子市・横須賀市・大和市・綾瀬市など
東京都
世田谷区・大田区・目黒区など
閉じる