燃ゆるジャノメエリカ

ふと、日の長さを感じるようになりました。

何気なく振り返り、目に飛び込んできたのは夕陽を受けたジャノメエリカ。

西日の強い光を受け、ぎっしりと集まった小さなピンク色の花は燃ゆるように咲いていました。
花の中央にある黒色が特徴的な葯(やく)があることもあり、見ている人を圧倒させるような表情。”蛇の目”と名がつくだけあります。

エリカはジャノメ以外にも種類があります。常緑低木樹、育てやすく庭木にもお勧めです。

花言葉 「博愛」「寂しさ」「謙虚」 1 燃ゆるジャノメエリカ 夕陽を受け燃ゆるジャノメエリカ。
1 ひとつまみ、、、 こどもがいたずら交じりに花を摘んでしまいました、、、
花と共に光も一緒につまむように。
小さな花がいくつも集まっています。 1